考えているカップル
  • ホーム
  • 早漏で挿入1分で射精?妻を満足させられない夫

早漏で挿入1分で射精?妻を満足させられない夫

悩んでいる男性

早漏もいろいろなタイプがあります。
中には性行為で挿入をしてから数分は我慢できるという場合、また挿入から1分で射精に至ってしまうということもあるんです。
挿入1分というと早漏の中でもかなり重症化もしれません。
なぜなら、パートナーを満足させることが出来ず、性生活に不満が出ることがあるからです。
通常早漏は性行為の経験が少ない男性に起こりやすいです。
しかし実体験を重ねることで少しずつ鍛えられ、挿入してから少し時間をおいて射精をすることが出来るようになるのです。
しかし、もともと経験が浅い場合や、摩擦刺激に弱い場合には、何歳になっても早漏であるという人も少なくありません。
特定のパートナーや妻がいる場合、毎回早漏の症状が続くと、男性としては自信を無くしてしまう人が多いのです。
性行為というのは挿入だけが好意というわけではありませんが、挿入に重きを置いている男性もいるのですね。
またそのような男性は前戯や愛撫によって満足をさせるように頭を切り替えるといいのですが、コンプレックスになってしまうとそのような考えに至らず、妻に対して申し訳ない思いを持つことになります。
そのような時、どのような対処をするとよいのでしょうか。
妻が協力的ならば、摩擦に耐えるような訓練をすることも可能ですね。
挿入時の摩擦の刺激によって射精に至ることが多いので、摩擦を緩める、また時間をかけるなどして調節をすればよいのです。
また1分程度で射精をする場合は、はじめからコンドームを使用しているでしょうか?
その使用するコンドームも薄いものではなく、感度が多少鈍くなるように厚手のコンドームを利用するのも一つの方法です。
感度が悪くなることによって摩擦に耐えることが出来るようになるのです。

サイト内検索
人気記事一覧