考えているカップル
  • ホーム
  • 短時間で終わらせない早漏対策に射精抑止筋群を鍛える

短時間で終わらせない早漏対策に射精抑止筋群を鍛える

落ち込んでいる男性

短時間で終わってしまい早漏だと感じている人は、機能に何らかの衰えがある場合があります。
加齢によるものと違い、普段使わないために衰えていくもので、射精管を閉鎖する筋肉などです。
一般的には射精を我慢しようと意識的に行動すれば勝手に閉まってくれる筋肉がありますが、これまで長い間意識的に射精を止めようとしてこなかった人や、機能の障害で使おうとしても反応しない人もいます。
射精管を閉鎖する筋肉は射精抑止筋群などと呼ばれ、陰部全体やあるいは腹の奥にある筋肉など、割りと広い範囲がかかわっています。
早漏で短時間に終わらせないためには鍛えていく必要がありますが、中々行為を行いながら鍛えていくことは難しいため、自分で工夫して行っていく必要があります。
射精抑止筋群が自分では度の部位にあたるか見つけ出す必要もあり、腹部の奥に力を入れたり弱めたりなど加減を行い、射精までの時間に変化があるか、陰部周りの筋肉で色々試してみる必要があります。
短時間で終わらせないために、尿意を我慢したり、放尿を途中で止めたりして鍛える方法が昔から伝わり、ネットなどでも書き込みがありますが、膀胱を悪くしたり、尿道炎などにならないように注意が必要です。
射精抑止筋群が上手く働かない場合、神経の伝達が上手くいっていない場合があります。
これも訓練すればある程度回復する人もいますが、早漏治療の専門家に診てもらった方が治る可能性が高まります。
初めの内は短時間で終わってしまうことがあっても、落ちこむ必要はありません。
かえって考えすぎてしまうと精神的なストレスになり、余計に早漏を起こしやすくなってしまいますから、徐々に長くして行くことを考えて行っていくべきです。

サイト内検索
人気記事一覧